note

concept

美濃地方に古くから伝わる美濃白川茶と美濃紙。
茶と紙。
それらを通じて古来より続く豊かな自然を感じ、味わうこと。かつて自然と人間がそうであったように、食と器、紙と手、そしてお茶と人、それぞれが寄り添い、人々の暮らしを豊かに導いていく。そんなことを伝えられる存在でありたいと「添い」を始めました。古くからお茶の産地として生業を作ってきた岐阜県東白川村で大切な時間に添える寄り添うものを「添い」は提案していきます。人々の暮らしにそっと寄り添いながら。

Traditional Japanese Green Tea from Shirakawa and Mino Paper have been passed down for centuries in Mino region.
Tea and Paper.
We want people to feel beautiful nature continued since ancient times. Food and vessel, Paper and hands, Tea and People, each of them improves people's lives. That is what we want to express.
'Soi' will offer items to enrich your precious time, from Higashishirakawa village, Gifu, a village being flourished as a tea production area for a long time, staying quietly beside people's lives.

products

tea

「添い」では、清流白川沿いに広がる美しい茶園で栽培された東白川村産 100%の茶葉を使用したお茶の販売をしています。冷涼で昼夜の寒暖差が大きく、朝霧の立つ特有の気候風土が高い香気とすっきりとした味わいのお茶を生み出しています。清流白川を思わせる清涼感のある香りを存分にお楽しみください。

paper

1000年以上の歴史を持つ日本の伝統工芸、和紙。それぞれの土地で漉かれる紙にはお茶と同じく、想像以上の違いが出てきます。添いでは美濃紙を中心に紙に纏わるプロダクトをご紹介します。和紙がもっと身近に、生活により添うものになっていけたら嬉しいです。

about

佐藤 里奈Rina sato

東京の建築設計事務所と、美術館で勤務をした後、2015年に地域おこし協力隊として岐阜県東白川村に移住し、美濃白川茶に出会う。お茶の魅力にひかれお茶のある暮らしの提案をしていきたいと茶業振興に携わっていく中で、美濃和紙との出会いもあり茶と紙のお店を開くことを目標に、2018 年よりオンラインストアとイベントにて活動を開始。フードコーディネーター。SHEEPBAKERY にてお菓子制作を担当、添いでは茶菓子を制作する。青森県出身。

After working at an architectural design office in Tokyo and a museum, in 2015 I moved to Higashi Shirakawa Village of Gifu Prefecture as a regional cooperation squad and met Mino Shirakawa tea.
While engaged in promoting the tea industry, I also met Mino Japanese paper and I am targetting at opening a tea and paper shop. Started activities in 2018 at online stores and events. At SHEEPBAKERY I am responsible for sweets making, and as an accompanying staff I am making tea cakes. Born in Aomori Prefecture.

add
509-1302 岐阜県加茂郡東白川村神土588-6 A3
contact
info@soi-tp.jp
Instagram
@__soi